Friday, November 1, 2013

Halloween 2013

昨日は、ハロウィンでした。

実は、幸希がハロウィンの行事に参加するのは、今年が初めてでした。 去年は、仮装してキャーキャー騒ぐ子供達に囲まれ、普段でもパーティ・ガールの幸希のテンション上がり過ぎることを懸念し、「ハロウィン参加禁止令」を公布。トリック・オア・トリートの子供達の来訪が一通り終わってほとぼりが覚めた頃に帰宅し、ジャック・オ・ランタンと一緒に写真を撮っただけで終わりました。

その時の様子はこちら(2012年10月31日撮影)。ジャック・オ・ランタンを遠巻きに見つめる幸希です。一年前の今頃は、手がかかる幸希のことで毎日頭が一杯で、ハロウィンの準備も随分手抜きだったことを覚えています。


今年は、一年経って少しは落ち着いた(はずな)ので、 コスチュームを用意して、ドアの所でトリック・オア・トリートに来た子供達の対応をする係りに任命。

コスチュームは、こんな感じ。「天使」です。


首の前面とお腹の部分にマジックテープで固定するフラップが付いた衣装で、ワイヤーにメッシュを張ってスパンコールを散りばめた「天使の羽根」が背中についています。そして、被り物は「天使の輪」。ゴムで顎の下から耳の後ろで固定。こんな感じ。


実はこの衣装、幸のために用意したものだったのですが、幸には少し小さかったので結局新しいまま取ってありました。「次の犬に」と考えていたわけではなく、この衣装を注文したサイトの返品条件がとても厳しく、結局返品できなかったというのが実情。眠ったままになっていたこの衣装なのですが、今年の幸希のコスチュームを考えていた時に、黒毛の犬だから白が映えると思いこれを使うことに。ちょっと幸希のイメージではないんですけどね。

小さい頃からそうなのですが、幸希は洋服を着ると一気にテンションが下がります。つまり、いつもの「野生児の幸希」から「大人しい幸希」に なるわけですが、これは私にとっては好都合。もちろん、元気がいいのはいいのですが、常にテンションが高い犬と一緒にいると正直疲れます。

この衣装も同様で、着せた途端静かな犬になりました。しかし、いつものように飛び跳ねて遊ぶことができず、ストレスが溜まったのか「ご飯まだ?」モードに。キッチンに居座っています。


どうやらご飯の時間ではなさそうだと悟ったようで、今度はふて寝。


ふて寝をしていても、「ノックの音」「走って行って対応」「仮装した子供達に挨拶」の繰り返しで、なかなか落ち着かない。


さて、今年のジャック・オ・ランタンは、こんな感じ。伝統的なジャック・オ・ランタンのイメージを覆すようなものになってしまいましたが、その理由は:

1)カボチャを買いに行くのが遅く、もう小さいのしか残っていなかった。
ー 小さいカボチャはくり抜きにくい。

2) 毎日バタバタと忙しく、ハロウィン当日までジャック・オ・ランタンが作れなかった。
ー 時間がかかることはやっていられない。

ということで、まずカボチャの中味をくり抜き、その後それをノコギリでスライスして一つ一つの輪を少しずつずらして重ねる、というデザインにすることに。イメージとしては、大地震でずれてしまったパンプキン、といった感じです。


幸希の反応は、「怪しいヤツ」から「これ食べられる?」に。

さて、幸希さん。ちゃんとモデルをお願いしますよ。 あれっ、「天使の輪」を忘れましたね。

じゃ、もう一度。

子供達の対応係りを始めたばかりの時は、変な格好で現れた人達にびっくりして吠えていました。しかし、子供達が楽しそうなのを見て「怪しいヤツ」ではないことが分かったようで、それからは「次は誰が来るかしら?」といった感じで、いそいそと走ってドアの所に行っていました。 たくさんの人が撫でてくれましたが、飛びついたりせず(衣装を着ていて普段より体が自由にならなかったせいでしょうが)、いい子にしていられました。


というわけで、 幸希の初めてのハロウィンは成功だったといえると思います。幸希は、また一つ新しい経験をしました。


*このブログ、コメントの投稿の仕方が分かりにくいのですが、下のこのような部分の「No Comments」と書かれている所をクリックすると、コメント・フォームに飛ぶようになっています。もしコメントをいただける場合は、以下からお願いいたします。皆様のコメント、楽しみにしています!



No comments:

Post a Comment