Tuesday, November 5, 2013

散歩コース

幸希、ここで何をしていると思いますか。


実は、一人では降りられなくて私の助けを待っている状態。ここは、まっすぐ歩いているといつのまにか平地が壁になるという幸希には不思議な所。幸希は、なぜかここを歩くのが好きなのですが、端まで来ると自分では降りられない高さになっていて、私が抱っこして下ろすという段取りになっています。面倒なのですが、ここを自慢げに歩いている幸希がとても楽しそうなので、良しということで。


幸希のジャンプ力ならやれば自分でも降りられると思うのですが、かなりの高さですし、下はコンクリートですから、絶対にやって欲しくない!


ここから降りると、次はこの近所のお宅の庭に出ている犬に挨拶をします。ちょっと前まではゴールデンだけだったのですが、つい最近手前のイエローラブが加わりました。体は幸希よりも大きいのですがこの子はまだ子犬で、幸希の姿を見かけると走って近づいて来ます。幸希は普通の状態だと庭の中が見えないので、このように後ろ足だけで立って様子を窺っています。


ここを通りかかる度にこの犬に吠えられるのですが、全く気にしていない様子。


普段は、しばらく庭の中を見ているのですが、この日は幸希の犬種を知りたかった女性に声をかけられ、幸希はそちらにも挨拶していました。


赤柴の幸と散歩をしていた時には、「キツネみたい」「バッセンジーか?」というコメントが非常に多く、西海岸に滞在していた時には、「オオカミの血が入っているのか」というワイルドな質問をされたこともありました。幸希と歩いていると、犬種については「ハスキーの子犬か」「ミニチュア・ハスキーか」と訊かれることが一番多いです。そして、「どのぐらい大きくなるのか」とよく訊かれるのですが、どうやら幸希は成犬になるとずっと大きくなりそうな犬種の子犬に見えるようです。成犬になった時の大きさは、子犬でも足の大きさを見ればだいたい想像できると思うのですが、「これで成犬?」とびっくりされることがよくありますよ。

幸希は、おもしろい所を歩いたり、近所のお宅の犬に挨拶したり、話しかけて来る人々に対応したり、 散歩中も何かと忙しくしています。


*このブログ、コメントの投稿の仕方が分かりにくいのですが、下のこのような部分の「No Comments」と書かれている所をクリックすると、コメント・フォームに飛ぶようになっています。もしコメントをいただける場合は、以下からお願いい たします。皆様のコメント、楽しみにしています!


No comments:

Post a Comment