Saturday, November 23, 2013

FL #1

仕事の旅で、フロリダへ。午前三時半に起きて五時の空港シャトルに乗るという予定でした。朝、まだ寝ぼけている幸希に挨拶してバス乗り場へ。そこまでは順調だったのですが、高速で事故があったらしく渋滞していて、空港到着予定より三十分遅れて着きました。

空港に着いた時にはもう搭乗時間になっているといった有様。バスで隣に座っていた人も私と似たようなスケジュールで、イライラしていました。二人でセキュリティ・ゲートまで走ったのですが、早朝にも関わらず長蛇の列で、その人が機転を利かせて係りの人に頼んでくれ、他の人よりも先にチェックを受けさせてもらいました。それからゲートまで走って、何とか飛行機に乗ることができました。

目的地の空港に着いてからシャトルでホテルまで行く予定だったのですが、「着きましたよ」という電話を入れてから三十分以上経っても迎えに来ない。しびれを切らして電話していると「このシャトルに乗ることになっていますか」と声をかけられました。その前のドライバーがノーショーだったとかで、そんなに待たされたというわけです。

ホテルにチェックインしてからまたバタバタと仕事場へ。週末はずっと屋内だったのですが、せっかくフロリダまで来たので少し楽しい事もということで、招待されたイベントに参加しました。

そのイベントはシーワールドでありました。一般の入場口とは別の所から入ったのですが、まずは巨大なクリスマスツリーが。背景はオーロラです。サンクスギビングもまだなのにもうクリスマス・ツリー、と思う暇もなく次に目に入って来たものにもびっくり。


写真撮影のためのものなのでしょうか。こんなソリがあり、その上にはプレゼントが溢れんばかりになっている袋が。いい子にしている子供達には、一か月前から準備万端というわけですね。幸希のは、この中に含まれているかな。


中に入ると、シロクマさんがウロウロしていました。シロクマは白ではないんですね。汚れているだけかもしれませんが、どちらかというと白柴の雰囲気。


水族館でのレセプション、なかなか気が利いた趣向です。会場はセイウチのプールに囲まれた所に位置し、セイウチが泳ぎ回るのを見ながら歓談するといった趣向になっていました。

セイウチをこんなに近くで、それもこんなにゆっくり見たのは初めてだったのですが、大きな生き物ですね。使用方法が謎のこの牙もおもしろい。二頭のセイウチがスイスイ泳いでいて、それが順番に姿を見せてくれるといった感じで楽しめました。


二時間ほどでしたが、音楽の生演奏もあり、バタバタした日常生活からちょっと離れて、リラックス及びリフレッシュできました。


それにしてもこの二頭のセイウチさん達、少なくとも私が見ていた時にはずっと動き回っていました。セイウチって、こんなに活発に活動する生物だったんですねぇ。

No comments:

Post a Comment