Thursday, November 28, 2013

#TBT 20120825:幸の妹分

今週も、木曜日は#TBT。前回と話が前後しますが、2012年8月25日(土)のブログエントリーです。実際には、この日に幸希を受け取りに行ったのですが、この日のブログには犬の航空輸送について書きました。


幸の妹分


*この写真は、2012年7月30日に初めて幸希に会った時に撮ったものです。生後52日目。
 
長年の念願が叶い、コロスケ犬舎から幸の妹分の柴犬を迎えることになりました。このお話があった時に私は日本にいたので、帰国の際に連れて来ること ができれば一番よかったのですが、今回日本に行ったのは仕事のためで、その使用航空会社の規制のためにうまくいきませんでした。私用の旅ではなかったので、勝手に航空券の変更などできず、取りあえずこのお話を保留にしていただき帰国することに。

今年に入ってからですが、デルタ航空は生後15週間未満の子犬を機内持ち込みとして許可しない、ということになったそうです。この新しい規則ができるまでは、ペットの機内持ち込みを許可しているどの航空会社も「生後8週間以上の犬は、サイズ条件を満たせば機内持ち込みできる」ということになってい たのですが、それが一気に約倍の月齢になったわけです。それで、まだ生後8週以上のペットの持ち込みができる航空会社を探しました。ユナイテッドがその一 つで、日本にいる間に日本のオフィスに電話をかけて色々情報を得ました。

帰国してからすぐに私の仕事の予定などを調整し、今月中にもう一度日本に行くことが可能かどうか検討しました。確認後、まずは自分の航空券の手配をし、それからそれに犬の分の予約番号を付けてもらう形で犬の予約も済ませました。ユナイテッドの場合、犬の機内持ち込みの片道の航空運賃は125ドルで す。機内持ち込みとして飛行機一機に乗せられるペットの数が決まっているので、まずはそれを満たしていないことを確認してから許可が下りました。

これで、犬を機内持ち込み荷物として持ち込むことができることは確実になったのですが、後は日本出国と米国入国の手続きをしなければなりませんでした。

*****

ここまでが8月25日(土)に書いたことです。以下、7月30日に幸希に初めて会った時に撮った写真を載せておきます。

この時は、花梨ちゃんのリッター三頭+れんげちゃん(だったかな)のが四頭。あちこちに子犬がコロコロしていましたよ。


幸希が好奇心が旺盛なのは、小さい頃からだったんですねぇ。後ろではプロレスが始まっていたのに、扉の所から出ていたこのモワモワしたものが気になったようでずっと見ていました。


もちろん見ているだけではなく、齧ってみる。


何だか抜けきった座り方ですが、外で大きいお姉さんとお兄さん犬達が遊ぶのを見ていました。


かわいいお尻。子犬の後ろ姿は、なんともいえません。


生後52日目の幸希。小さかったですねぇ。だっこさせてもらった時に小さくて軽くてフワフワで、幸の旅立ちの後ずっと犬を触っていなかったので感動したことを覚えています。その子が家の子になることになり、約30時間一緒に旅して来たわけですが、幸希とのとてもいい思い出です。

No comments:

Post a Comment