Saturday, November 30, 2013

齧る

幸希の日課の一つ、それは齧ること。一番好きなのは、食べられるタイプの齧り物ですが、それは一日に一度だけの特別な齧り物。幸希が好きな時に齧れるのは、「ナイラボーン」や「かみかみフルーツボーン」のような、プラスチック製のものです。幸希はそれらを複数所有しているのですが、その日の気分でその中から一つ選んで齧っています。

幸希:また写真撮ってるんだ〜。
私:そう。幸希がまた齧ってるから。
 

幸希:写真撮るの、好きだねぇ。
私:幸希は、齧るのが好きだねぇ。


これは確か、何かお肉系のフレーバー付きだったはず。匂いを嗅いだだけでは分からないのですが、おいしいのでしょうか。


これだけ夢中になってガリガリ齧るということは、 何か味がするのでしょうね。


この齧り物、幸希の体の大きさだとかなり大きいものなのですが、このような齧り物は「犬が自然に齧れる最大の大きさの物を選ぶのが良い」とされています。これは、誤飲などの事故を避けるためですが、幸希の場合お腹を上にして寝転がって齧ることも多いので、齧り物はなるべく大きなのを用意しています。持つとずっしりとして結構重量があるのですが、幸希は全く平気なようですよ。


これは持ち手がついていて、引っ張りっこして遊ぶこともできるようになっています。先端の輪の部分には凹凸があって、それで歯茎をマッサージするというような触れ込みだったと思いますが、幸希はそこを全部齧って、今はほぼスムーズな円になってしまっていますねぇ。


そして、最近はこの持ち手の部分も齧っています。


これだけ毎日プラスチックをガリガリ齧っていて、歯の方が減らないか心配したのですが、今のところ特に影響はないようです。


No comments:

Post a Comment