Thursday, December 5, 2013

#TBT 20120804:幸希との初めての出会い

今週の#TBTは、2012年8月4日(土)のエントリーです。この日は、コロスケ犬舎訪問について書きました。この犬舎訪問が、幸希との初めての出会いでした。


コロスケ犬舎訪問


またコロスケ犬舎にお邪魔させていただきました。実は、今回の日本行きが決まってからすぐコロスケさんに連絡を取り、伺ってもいいかお訊きしました。幸がいなくなってしまってから犬に触れる機会がほとんどなくなり、本当に寂しく思っています。それで、柴犬がたくさんいるコロスケ犬舎に行けること を、長い間ずっと楽しみにしていました。

コロスケ犬舎に近づくと、数頭の柴さん達が迎えてくれました。初めて会う柴さんもいましたが、たいていの子達には会ったことがあるので、「ああ、あなたね。また来たの?」という感じで迎えてくれました。シキちゃんとボール遊びを楽しみ、クマ君に挨拶してうるるちゃんのまったりに付き合い、そして「あち〜」といった風情のサチちゃんの隣に座って久しぶりに柴犬を思う存分撫でさせてもらいました。そうそう、こんな感じだったなぁ、と幸のことを思い出しながら。


この日はカンカン照りではなく、曇っていて風もあったので少し凌ぎやすかったのですが、それでもやはり暑いです。そんな時に柴さん達が集まるのがここ。木の茂みの下なのですが、ここに次から次へと犬達が入って行って、中はかなりの混雑状態に。たくさん犬がいるのに喧嘩することなく、それぞれが自分の場所を占拠し気持ち良さそうにお昼寝していました。面白かったのは、大きい柴さんだけでなく小柴さんも真似してここに入り込んでいたこと。涼しい所がどこなのか、先輩方からちゃんと学んでいるようです。


黒マスクさん、あなたは誰?


私が訪ねた時には、6月生まれの小柴さん達が計7頭いました。黒柴花梨ちゃんの子犬が三頭と、赤柴レンゲちゃんの小柴さんが四頭です。花梨ちゃんの小柴さん達の方が数週間早く生まれたので、体がしっかりしていましたが、レンゲちゃんの柴さん達もお母さんのおっぱいをたくさん飲んで、大きく成長してい ます。

玄関先が小柴さん達の居場所ですが、二つのグループが混ざり合って遊んでいました。というより、この写真からも分かるように、それぞれ好きなことをしていたといった感じでしょうか。


うるるちゃんは夏は体力温存型で、無駄に動き回ったりしないそうです。でも、おやつがもらえそうな時には、いつの間にかちゃんとそこにいる、といったおちゃめな一面も。コロスケ犬舎の柴さん達は皆そうですが、うるるちゃんも人に構われることに慣れていて、私がしつこいほどなで回しても平気な顔をして いました。


コロスケさんの手作りのおいしいお昼ご飯をごちそうになり、午後からは「犬部屋」も見せていただきました。このクーラーのきいた部屋に入ることがで きるのは、授乳中の犬とその子犬達、そして出産をひかえた犬達に限られています。これは、レンゲちゃんのリッター。「あ〜、暑いのに小さいのがたくさんいて、暑苦しいわねぇ」といったように、あまりやる気なさそうな感じで寝そべっていました。


こちらは花梨ちゃんのリッター。レンゲちゃんのリッターより一頭少ないだけ、お母さんも楽そう。でも、花梨ちゃんは子育て疲れが見てとれました。それはそうですよね。自分の体を削って小柴さん達を育てているのですから。花梨ちゃんの子犬達はもうお母さんのおっぱいはあまり必要ないそうですが、このぐらいの時期の子犬にとってお母さんと過ごす時間は、まだ大切なのでしょう。


今回もコロスケさんと色々なお話をして、柴さん達と思う存分遊ばせていただくことができて、本当に楽しかったです。幸とのお別れ以後、気分が塞いでいることが多いのですが、この日は心の底から楽しいと思うことができました。コロスケさん、せっかくのお休みの日に時間を取って下さって、ありがとうございました。

*******

一番上の幸希の写真の隣にいるのは、黒マスクが濃くないので恐らくチャコちゃんでしょう。二頭でこんな風に並んで、外を走り回るお姉さん&お兄さん達を見ていました。
 
これは、2012年7月30日の犬舎訪問の時のことです。この日にコロスケさんから幸希のお話をいただいて、犬を連れて帰ることが可能かどうか、検討してみることになったわけです。

幸希の小さい頃の写真は、コロスケさんにいただいたものがあるのですが、この日撮った写真の中にも気に入っているのが何枚かあります。すぐに大きくなってしまう子犬の写真は、できるだけたくさん撮っておいた方がいいですね。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


No comments:

Post a Comment