Tuesday, December 24, 2013

コロスケ犬舎訪問(その2)

今回のコロスケ犬舎訪問の目的の一つは、幸希のお母さんの花梨ちゃんをよく観察することでしたが、楽しみにしていたのはもちろんそれだけではありません。犬舎訪問では、一般人がなかなか一緒に遊ぶことができないような月齢の子犬に会えることがあります。今回コロスケ犬舎には、そのような小柴さんが一頭だけいました。

この子は、琉理(ルリ)ちゃん。 リオちゃんの娘犬です。リオちゃんの子は皆ほんわか系柴さんが多いのですが、この子も外見はそんな感じ。とてもかわいいです。ボール遊びに誘ったら、ちゃんとボールを持って来てくれました。


気になるものが色々あるね。途中で寄り道してもいいよ。


鼻の頭に砂を付けて、かわいいお顔。


大きい柴さんの後を付いて行って、新しいことを色々体験をしているようです。


一番月齢の近い優月(ユズキ)ちゃん(三か月)とは、おもちゃの取り合いなどしていました。


他の犬が持っているものが、よく見えるようです。でも、お姉さんにはまだちょっと勝てないかな。


ルリちゃんは、一人遊びも上手にできます。


この時は、テニスボールを必死で齧っていました。


何をしていてもかわいいですね。


このルリちゃんですが、外見はほんわか系、性格は結構お転婆さんのようです。私の靴ひもがとっても気になるようで、ずっと引っ張って遊んでいました。何度結び直しても解いてしまうので、気をそらそうと思ってボール遊びに誘ってみたわけです。初めて会った人にも物怖じしませんし、こんな風に飛びついてパンツの裾をガジガジしていましたよ。


柴さん達と遊んだ後は、コロスケさんが用意して下さったおいしいお昼ご飯を頂きながら、今回も色々な話をしました。犬の話はもちろんのこと、それ以外のことも話題に上りました。コロスケさんと出会ってもうかれこれ10年近くになりますが、お会いして話をする度に、充実した時を過ごさせていただいています。今回も、幸希にたくさんプレゼントをいただきました。その紹介は、また改めてさせていただきたいと思っています。

実は今回、もう一つとても楽しみにしていたことがありました。それは、幸希の同腹のチャコちゃん(志の七緒号)に会えるかもしれないということでした。コロスケ犬舎で落ち合おうと計画していたのですが、チャコママさんが事情で来られなくなり、また次回、ということになりました。ご本人+チャコちゃんには残念ながらお会いできなかったのですが、幸希にプレゼントをいただきました。こちらもまた後日、紹介させていただきたいと思っています。

コロスケさん、今回も色々どうもありがとうございました。またお会いできることを、楽しみにしております!


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

No comments:

Post a Comment