Sunday, February 2, 2014

幸希が激おこぷんぷん丸になった日

幸希:夕べは、大変だった。
私:私も。

幸希:ストレスで、神経すり減った。
私:誰かさんの叫び声で、耳が痛くなった。

幸希:体中びしょびしょにされた。
私:そのびしょびしょの誰かさんがバタバタするのを抑えて、こっちも服ごとびしょびしょになった。

幸希:それから、体中アワアワにされた。
私:その泡を全部落とすのに、すっごく時間がかかった。

幸希:その後、大きいタオルでゴシゴシされた。
私:誰かさんがドライヤー嫌いだから、タオルドライのためにタオルを何枚使ったか...。

幸希:寝る時間になっても、まだちょっと濡れていた。
私:ドライヤーかけようか、って言った時に「No!」 って言ったのは誰だっけ?

幸希:体中、ずっと変な匂いで気になった。
私:シャンプーのいい匂いになったよね。

幸希:激おこぷんぷん丸になった!
私:そんな言葉、よく知っていたねぇ(笑)。
幸希:Tさんに教えてもらった。


そう、幸希は夕べシャンプーされました。前回が昨年六月だったので、何と七か月ぶり!本当は年末にするつもりだったのですが、私の足指骨折事件後、浴槽に幸希を入れてかがんで洗うという姿勢が無理だったため延期。今回もまだその体勢は辛いので、別の場所で洗うことにしました。


毎日被毛を拭いているので、特に汚れているようには見えないですし、臭いがしたりもしないのですが、半年以上洗わないというのはいくらなんでも間が空き過ぎ。代謝が活発な若い犬ですし、本当だったらもっと頻繁にシャンプーした方がいいのですが、幸希のシャンプーは幸にも増して重労働です。それで、足が遠のいてしまっていたというわけ。


 実は、今回が幸希が家に来てから二度目のシャンプーでした。前回も叫ぶ、暴れる、ドライヤー拒否など色々あったので、覚悟していましたが、今回もかなりのものでした。近所のお宅に聞こえていたら、動物虐待で通報されかねないほど。


しかし、結果は素晴らしい!被毛がフカフカになって、触り心地最高です。 見かけも、ふわふわのイメージ。だっこすると、ぬいぐるみを抱えているよう。七か月分の汚れが取れて、とてもきれいな犬になりました。まあ、本来あるべき姿に戻っただけですが...。


よかったね、幸希ちゃん。


【番外編】 足指骨折アップデート

足指骨折から六週間。今週は、「靴が合わない」というのが一番の問題でした。外で履いているライナー付きのクロックスは、「間のサイズ(0.5刻みのサイズの時にポイント5のサイズ)の時は、上のサイズを注文しましょう」と書かれていたのでそうしたのですが、やはり元々大き目。分厚い靴下を重ねて調節していたのですが、足指骨折側も足全体の腫れが引き、骨折した指以外は元の大きさに近くなって来ているのだと思います。また、次に書きますが、今までバディ・テーピングをしていてその分「嵩」が増えていたのがなくなったことも理由の一つ。サイズの合わないつっかけサンダルを履いて歩いているようなものなので、脱げないように力が入っているのでしょうか。体の色々な所に負担がかかるようで、足腰が痛くなるという始末。

もう一つの問題は、バディ・テーピングの「バディ」として使っていた指が痩せて来てしまったこと。「もう骨折君の面倒を見切れません」という感じで、悲鳴を上げているような感じ。このままだと、今度はこちらの指に影響が出て来てしまいそうなので、急遽バディ・テーピング終了ということにしました。今まではテーピングの支えがあって安心して歩けていたのですが、それがなくなり、歩き方も調整する必要があり、足腰の痛みはそれがうまく行っていないことも原因であるかもしれません。

痛みが引くまでに6週間〜8週間、という情報を信じるのであれば、骨折部の痛みがそろそろ引いて来てもいい頃。極端に冷えたりしなければズキズキとした痛みはないのですが、急に体の向きを変えたりした時や体重がかかった時などに、ピキッと走る嫌な痛みは依然あります。昔、突き指した時も足首捻挫の時も、かなり時間が経ってもこのような痛みが持続した記憶があるので、しばらく続くことを覚悟しておいた方がよさそうですね。

骨折した指の腫れが引くのには更に時間がかかるということだったので、普通の靴が履けるようになるのは、まだまだ先のことのようです。もう一か月半も普通の靴を履いていなくて、足先がクロックス型に広がってしまって、元にもどらなかったらどうしようかと思っていますよ(笑)。 歩き方のリハビリだけでなく、「普通の靴に足が入るようにするリハビリ」も必要になったら困りますよね。



にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/

No comments:

Post a Comment