Friday, February 7, 2014

雪玉ができる柴犬

今朝出勤時の気温、華氏マイナス11度。これは摂氏だとマイナス24度です。今年は雪も多いし気温も低く、厳寒地らしい冬になっています。それでもここ数日、少し日が長くなってきたような気が。幸希の朝散歩の時は真夜中と変わらないくらい真っ暗だったのですが、今は「薄暗」ぐらいになって来ました。

水曜日にかなりまとまった雪が降って以来、気温は低いですが天気はとてもいいです。幸希は、今日も雪の中を走り回っていました。


リードは付いていますが、かなり離れた所まで行ってしまうので、何をしているのか気になります。冷凍保存の野生動物など、見つけないことを祈るばかり。


ほとんど飛び跳ねているのですが、雪の中に顔を突っ込んだままの時も。幸もやっていましたが、私はこれを「顔ブルドーザー」と呼んでいます。この状態で前進するんです。


とにかく、色々楽しそうでなにより。


顔ブルドーザー拡大図。


顔が雪だらけ。


でも幸希は、そんなことは全く気にならないようです。


散歩から帰って来て、幸希の体をタオルで拭いていた時のこと。後ろ足にゴツゴツ当たるものがあったのでよく見てみると...。なんと、雪の塊。後ろ足の前部、膝側の所です。


長毛の犬種にこの「雪の塊」ができているのは見たことがあるのですが、柴犬では初めてでした。少なくとも、幸はこのようなものは全くできませんでしたよ。


気温の低さ、雪の質、幸希の体温の高さ、アンダーコートの密生していることなど、色々な条件が重なってできたものだと思いますが、少なくとも気づいたのは今回が初めてで、びっくりしました。

幸希:私は、雪玉ができる柴犬なの。


柴犬に雪玉というのは聞いたことがなかったので、もし「雪玉ができる柴犬さん」と暮らしている方がこのブログを読んでいて下さったら、是非ご一報下さい。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/

No comments:

Post a Comment