Sunday, June 1, 2014

ミミズ腫れ

今日から、六月。後ちょうど一週間で、幸希と二姉妹(チャコちゃん&セナちゃん)は満二歳になります。早いものですねぇ。

今日は日曜日なのですが、私は早朝から仕事だったので、いつものように二階で朝の支度をしていました。朝ご飯を終えた幸希は、いつものように何か齧っていたのですが、今日は普段と違う所から変な音が。階下に下りて確認すると、こんな所に幸希がいました。

ここは、出入り口のドアの前。外が見えるので、幸希がお気に入りの場所です。しかし、齧り物はしっかり腰を落ち着けてするのが常なので、このような場所で しているのを見たのは初めてでした。その過程を見ていなかったので定かではありませんが、もしかしたらリビングで齧っていて、外で物音がしたので齧り物ごと移動し、気になった何かを確認後「ここでいいや」と思って齧り物続行となったのかもしれませんね。因にこの汚いタオルは、幸希の足拭き用です。


ここは出入り口で、このピンクの敷物は巨大な玄関マットとして使っています。冬場は雪、氷、塩、泥、砂など、色々なものが靴に付着した状態で外から戻ってくるので、このような場所が必須。

私:幸希ちゃん、この敷物、あまりきれいじゃないと思うよ。冬が終わった後、まだ洗濯していないから。
幸希:え?別に気にしないよ。
私:あ、そうですか...。

そろそろ、幸希を丸ごと洗濯した方がいいのかもしれません。
 

今日の昼散歩時のこと。いつものコースを歩き始めたのですが、幸希がいつも犬達をからかう「塀」を使って、スケボーの練習をしている人達がいました。幸希は元々スケボーが怖いのですが、その人達がザ〜っと滑って跳んで、時々着地に失敗したり、ということが繰り返し起こっていたので、それが怖かったようです。そこからかなり離れた地点から動かなくなってしまい、私をグイグイ引っ張って反対方向に行こうとします。別の道でもいいのですが、なるべく幸希がお仕事をするコースを選びたかったので、抱き上げてそちらの方に行こうとしました。

その結果がこちら。


思いっきり引っ掻かれてしまいました。

幸希は「抱っこ柴」で、普段は抱っこされると脱力して体を預けて来るのですが、この時は抱っこされた状態で思いっきり暴れたんです。その結果がこれ。

まあ、抱き上げてまで幸希の恐怖の原因の方に近づこうとしたのが間違いだったのですが、幸希もこれほど派手に引っ掻かなくても...。この「事件」から7時間ほど経過した今でも、腕にはミミズ腫れがくっきり。跡にならないといいけど。

気を取り直して、散歩続行。まずは、幸希が好きな所まで連れて行って、そこで落ち着かせることに。普段からここはチェックポイントなのですが、いつもと違っているのは尻尾。叫んだことからも分かるように相当怖かったようで、尻尾の「巻」が解けてしまっています。


自力で上れないため、普段は見るだけなのですが、興奮している幸希を落ち着かせるために上にのせてみることに。まだ尻尾は下がった状態でしたが、ここでしばらく時間を過ごしたら、何とか落ち着いたようです。


それで、散歩再開。

今日は別のコースを歩くことに。


ここも幸希のお仕事スポットで、今日はここで無事終了。


この頃までには、すっかり復活していました。


ただねぇ、この直後にまた「狩りモード」に。私は見えなかったのですが、声がしたので分かりました。また、シマリス。

幸希:もうちょっとで捕まえられたのに...。
私:捕まえようとしなくていいよ。捕まえて、どうするの?
幸希:えっとね...。どうするか、セナたんに相談してみよう。


犬が恐怖の状態に陥った時、無闇に抱っこして落ち着かせようとしない方がいいと思いますが、今回は落ち着かせる目的で抱っこしたのではありません。幸希が行きたい方向を修正するのが目的だったのですが、どちらにしても、犬のことは犬に処理させるべきなのでしょう。恐怖を感じたらそこから逃げるという本能に逆らった行動をさせようとした私が、間違っていました。反省。

幸希:体が痒い時には、道の真ん中でも掻くの。
私:いいけど、ここは車道だから、車が来たら呼ぶからちゃんと来てね。
幸希:うん、了解。



にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・Instagram:http://instagram.com/kuroshibasaki

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/

No comments:

Post a Comment