Sunday, August 24, 2014

落ちて来るもの

最近散歩に行く度に幸希が夢中になるのが、シマリスを追いかけることと「落ちて来るもの」の謎解明。幸希の散歩コースには、ものが落ちて来る所があるんです。

ここがその現場。


幸希:あ、見つけた!

幸希が見つけた「落ちて来たもの」、何だと思いますか? 


それは、このドングリ。しかも大量。


ここで下を通り過ぎようとすると、ドングリがたくさん落ちてくるんです。 あちこちで音がして、ドングリがバウンスするのが見えるので、幸希は気になってしかたがありません。


ここは歩道がない車道なのですが、幸希はその真ん中に仁王立ちになり、その落ちて来るものの原因解明に勤しんでいます。


幸希:あ、落ちた。あっち!
私:立ち上がらなくてもいいでしょ。それじゃ、まるで柴犬じゃない生物みたいだよ。

そう、幸希は立てます。恐らく、お尻の辺りがどっしりしていて、安定感があるからではないかと(笑)。


幸希:だって〜、たくさん落ちてくるんだもん。
私:確かに、気になるよね。


さて、なぜここにこんなにドングリが落ちて来るかですが、どうやらリスの仕業のようです。木が高くてその姿はほとんど見えないのですが、その木に上って行くリスを数匹見かけました。
 

時期が来れば自然に落ちて来るはずですが、こんなに大量に、この下を通る度にあちこちに落ちてくるのは、やはり何かの仕業でしょう。


この道のほんの10メートルほどの間なのですが、幸希がワクワクする場所になっています。

*今日のエントリーの写真は、数日間に渡って撮ったものであるため、道の濡れ具合や幸希の首輪に変化があったりしています。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・Instagram:http://instagram.com/kuroshibasaki

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/



No comments:

Post a Comment