Monday, August 25, 2014

シマリスさんのお宅

このところずっと涼しかったのですが、昨日、今日、また気温が高くなっていて、今日は摂氏30度近くまで上がりました。私のオフィスがある石造りの建物は、いつもひんやりしていて心地いいのですが(冷房器具は、団扇以外一切なし)、外に出ると暑くて日差しも強い。紅葉が始まっているのですが、このまま涼しくなるというわけではなかったようですね。まあ、まだ八月ですからねぇ。


最近、幸希との散歩にすごく時間がかかっています。というのは、幸希がシマリスを追いかけるのに夢中になっているため。去年の今頃は、ドングリにしてもシマリスにしても、これほど執着しなかったと思うのですが、成長するに従って狩猟本能も強くなっているのでしょうか。

これは普通のリスを追いかけて、木の上に逃げられた時の写真。待っていればいつか下りて来ると思っているのか、させておけばいつまでもこんな風に木の上を見上げています。


さて、昨日の夕方の散歩時のこと。幸希はとうとう見つけてしまいました。シマリスさんのお宅です。それも、今までのようにコンクリート製の階段の亀裂の部分などではなく、正真正銘のシマリスさん作のシマリスさんのお宅。

ここがそうなのですが、これは今朝の再訪の様子。昨日の夕方は、ここにたくさんシマリスさん達がいたんです。


夕方で、もう日が落ちかかっていたので画像の質が悪いのですが、 こんな感じ。


全部で、四匹いました。


体が小さいですし、近寄っていってもあまり警戒心がないようだったので、恐らくまだ子供なのだと思います。


楽しそうに遊んでいるシマリスさん達に近づいてく幸希。完全に目が合っています。


兄弟でしょうか。一緒に幸希の方を見ています。


更に少しずつ近づいて行く幸希。


この時の距離、1メートル以下だったと思います。


私が分からないのは、幸希がシマリスをどうするか、ということ。狩ってしまうのか、チョロチョロ動くのが面白くて、ただ追いかけるのを楽しんでいるのか。どちらにもしても、目の前で犠牲者(物)を見たくないので、リードをしっかり持っていました。そのうち、皆巣の中に入ってしまって、幸希が顔全体を突っ込むように覗いてみたのですが、姿が見えなかったようです。


どれだけ深い穴なのでしょう。 覗いてみたところ、縦穴から伸びる横穴があり、そちらに逃げ込めばシマリスさん達は幸希には絶対に捕まらない構造になっているようです。

今日は、この辺の芝刈りの日だったようで、ここも芝刈り機で草が刈り取られていました。シマリスさん達、大丈夫だったでしょうか。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・Instagram:http://instagram.com/kuroshibasaki

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/



No comments:

Post a Comment