Thursday, August 28, 2014

犬を表す単語

 幸希と散歩していると、色々な人に声をかけられます。幸希の名前はもちろんのこと、柴犬という犬種を知らない人の方が多いので、幸希は一般名称の「犬」と呼ばれます。しかし、その「犬」に当たる言葉は人様々。今日は、その中からよく使われるものを挙げてみましょう。

幸希:今日は、私が主人公じゃないみたい。


1. Dog


2. Canine(ケーナイン)
犬科の動物を表す言葉ですが、「犬歯」も canineといいます。因に、ネコ科の動物を表す言葉は、feline(フィーライン)。これは動物の種類を表す単語なので、散歩中の犬を見て「あ、canineだ」と言う人はほぼいないと思います。「K-9(ケー・ナイン)」と書かれることも。

3.  Bitch(ビッチ)
オス犬をdog、メス犬をbitchといって、ドッグショーや繁殖関連の話をしている時によく使われます。ただ、bitchという言葉には悪い意味もあるので、犬以外の話をしている時には使い方に注意が必要。

4. DoggyまたはDoggie(ドギー)
小さい犬を指すことが多いですが、幼児語で「犬」を表す単語としても一般的に使われます。猫バージョンは、kitty(キティ)。「ドギー・バッグ」の「ドギー」ですね。

5. Puppy(パピー)
子犬を指しますが、幼児語で「犬」を表す単語としても一般的に使われます。子猫の場合は、kitten(キトゥン)。

6. Pup(パップ)
子犬を指しますが、一般的に「犬」の意味にも。犬科の動物の子の意味にも使われるので、例えば狼のpupということもできます。犬とは関係ありませんが、アザラシやラッコの子を表す時にも使われます。

7. Pooch(プーチ)
くだけた話し方で「犬」を指す言葉。

8. Fido(フィド)
くだけた話し方で「犬」を指す言葉。米元大統領リンカーンの愛犬は、Fidoという名前だったそうです。


幸希:今日も、シマリスさんのお宅を訪問してみたよ。 因に、シマリスは英語でchipmunk(チップマンク)っていうの。リスはsquarrel(スクワーレル)。


あとは、'man's best friend'(マンズ・ベスト・フレンド)は犬のことを指しますし、ミックス犬はmutt(マット)やtyke(タイク)、野良犬を表す言葉には、stray dog(ストレイ・ドッグ)または文脈からstrayだけでも分かります。犬の吠え声はbow-wow(バウワウ)というオノマトペで表されるので、日本語の「ワンワン」と同じようにbow-wowと言ったら犬のことだと分かります。

幸希:何か動いた。


幸希に話しかける人は、「Hey, pup!」とか「Cute puppy!」などの表現をよく使いますね。小さい子供を連れている親御さん、特に女性は「Look at that little doggie!」(見て、小さい犬がいるわよ!)などとよく言います。


幸希:今日の散歩の時には、 「Hello, puppy!」と言った男の人と、「Is that a Shiba Inu?」と言った女の人がいたの。この女の人は、胡麻柴と暮らしているんだって。


幸希のお姉さん犬、セナちゃんのお世話係りのmiyukiさんにリクエスト。これをtagにするので、もし時間があったら、ドイツ語バージョンと、アドちゃんにはオランダ語バージョンを是非お願いしたいです。いつかセナちゃんに会いにドイツに行くチャンスがあったら、使ってみたいと思っています!

幸希:セナたん、ドイツ語覚えた?日本語、忘れていないよね?




にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・Instagram:http://instagram.com/kuroshibasaki

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/

4 comments:

  1. ではリクエストにお応えして。
    ドイツ語で犬はHund(オス)/Hundin(メス)、子犬はWelpeです。Bow-wowはドイツ語つづりだとWauwau(バウバウ)です。英語のdog/bitchの区別はRüde/Hundinになります。
    他に面白い言い方として、Vierbeinerもあります。訳すと「4本足の者」ですかね。
    あとよく言われるのが、オスだったらKerl(奴、男の意)、メスだったらDame(レディの意)。一番不思議に思うのが、Ein schönes Tier!(なんて素敵な動物!)と言う人が多いことです。犬を見て、「動物」って。。。

    アドちゃん情報。
    Dog=Hond(ホント) Puppy=Pup, Puppy, Welp(ヴェルプ) Dog/bitch=Reu/teefje(ルー/テーフィエ)Fido=Fikkie(フィッキー)。
    ドイツ人と同じく、オランダ人も犬に向かって「動物」と言うそうです。動物=Beest(ベースト)英語のbeastです。(笑
    小型犬はSchoot hond(スコートホント)英語に訳すとlapdog!
    面白いですねぇ。

    ReplyDelete
  2. miyukiさん、

    早速、どうもありがとうございます!「Tier」ですが、これは英語だったらcreatureに当たる言葉ですか?そうだったら、何となく分かる気がします。

    Hond、覚えておこう!

    キーラに話しかける時は、ドイツ語ですか?


    ReplyDelete
  3. creatureだったらわかりますね!でもTierは英語だとanimalが一番しっくりきます。

    キーラとも日本語で話しています。なんとなく雰囲気でわかってくれているような。
    セナは少々人見知りなのでドイツ人に話しかけられても、固まってしまって、理解していないような素振りです。セナの母語は日本語かな。

    ReplyDelete
  4. なるほど。「なんて素敵な動物!」って、やはり変ですよねぇ...。

    幸希に話しかける人の95%以上は英語を使うので、英語の音に違和感はないようです。私は英語で話しかけたり日本語だったりですが、何となく分かっているようですね。

    ReplyDelete