Wednesday, September 24, 2014

ある日の会話

幸希は一人で散歩に行けないので、お世話係りの具合が悪くても、犬の散歩の日課は欠かせません。幸希と歩いていると色々な人に声をかけられるのですが、皆さんおもしろいことを訊くので、時々大笑いしてしまうことも。

若い男性1:それって、本物のハスキーですか?

私:これ?あ、これは本物の柴犬です(笑)。

若い男性2:ハスキーの子犬じゃないんですか。

私:柴犬っていう、別の犬種なんですよ。

若い男性3:何歳ですか。

私:今、二歳。

若い男性4:どのぐらい大きくなるんですか。

*色々な人が色々な質問をしているので、お互いの質問に対する答え等、ほとんど聞いていない状態で情報が交錯。

私:もう成犬だから、これ以上は大きくなりませんね。

若い男性2:今、犬を飼いたいと思っているんだけど、これぐらいのサイズ、パーフェクトだね。

この時、幸希は男性の一人が持っていたサッカーボールを凝視。

私:この犬は、あなたのサッカーボールで遊びたいみたいね。

若い男性1:遊ぶ?

幸希:(サッカーボールに前脚をかけて、相手が取れないように工夫)

この後、少しサッカーボールで遊ばせてもらって、この男性グループと別れました。


幸と歩いている時は、「キツネ」というコメントが一番多かったのですが、幸希は大多数の人に「ハスキーの子犬」と言われます。そう見えるのですかねぇ?

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・Instagram:http://instagram.com/kuroshibasaki

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/


No comments:

Post a Comment