Thursday, October 30, 2014

久しぶりの枝運び

さて、今日も昼散歩に出発です。お天気は、最高。このような秋晴れの日、大好きです。

幸希:今日も張り切って行くわよ!
私:気合い入ってるねぇ。


幸希:そう、今日もやる気一杯!


私:幸希ちゃん、何が見える?


幸希:うん、色々ね。


私:そういう体勢、大変じゃないんだね。
幸希:うん、全然平気。こうするとね、いつもは見えない所が見えるの。


今日幸希は、久しぶりに「枝運び」をしました。なぜか道の真ん中にこんな大ぶりの枝が。まずは、吟味。


「これはいける!」と判断したようで、運び始めました。しかし!


このすぐ後に車が近づいて来たんです。幸希は枝運びに夢中で全く気づかず。私は慌ててリードを引こうとしたのですが、この写真でも分かるようにフレックス・リードを使っていました。つまり、たぐり寄せないと巻き戻せない。

片手では無理で、両手で作業しようとした瞬間、持っていたカメラを落としてしまいました。落としたというより、飛んで行ってしまったという感じ。その時は幸希を捕獲することに必死で、カメラがどこに飛んで行ってどうなったかは二の次だったのですが、幸希の無事を確認した後探しに行くと、枯れ葉の中に埋もれていました。

チェックしてみると、写真は撮れるのですが、レンズキャップがしまりきらない。コンデジなので、いずれレンズが傷だらけになることは回避できないでしょう。写真は、一瞬をとらえる道具です。そのとらえた一瞬は、なるべく完璧な形で残したいもの。そのためには、カメラのレンズの傷は大問題なのですが、取りあえず様子を見ることに。

アシスタントの助けがない場合、散歩に行くのに大きいカメラを持って行くのはなかなか大変です。ですから、普段はポケットに入るようなサイズのものを使っていますが、このような事故は初めてではありません。形あるものいつかは壊れる、仕方がありませんね。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・Instagram:http://instagram.com/kuroshibasaki

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/

No comments:

Post a Comment