Wednesday, November 5, 2014

イガイガ、その後

昨日イガイガにやられて、何だか元気がなくなってしまった幸希。当然のことながら私はかなり心配して、もし幸希が今日も元気がないようなら、仕事を調整して獣医の所に連れていかなければ、と思っていました。

夕べ、口の中をチェックしようとした時に、幸希が鼻に皺を寄せて唸ったので(こんなことは初めて)、何か口の中に不具合を感じているようだと判断。それで、今朝のグルーミングの時に歯磨きをするべきかどうか迷いました。しかし、もしイガイガが口の中のどこかに刺さっていたり、歯の間に挟まっているなら、歯磨きをすることで改善される可能性があると判断し、決行。


結局、幸希はいつものように歯磨きをさせてくれたのですが、右側の歯を磨いていた時に、歯ブラシを取り出してみると少量の血液が付着していました。出血場所がどこか特定できなかったのですが、ほんの少量だったので大事ではないと判断。幸希も気にしている様子はなかったですし、いつものようにグルーミング後のご褒美のボール投げもしたので、大丈夫ではないかと思っていました。


一日中、かなり気をつけて様子を観察してみましたが、普段よりもよく寝ている以外は変わった点はなく、ご飯もよく食べ散歩にも元気に行っていたので、大丈夫そうだと判断しました。


私の想像では、イガイガを取ろうとした時に、その先が口の中のどこかに刺さってしまったかで口の中が痛くなり、そのせいでいつものようにおもちゃを咥えて激しく遊んだりするのを躊躇していたのではないかと思います。しかし、食べるものはしっかり食べていたので、それは幸いでした。


今日は、家に帰って来てからもいつものように遊んで、ほぼ普通の様子でした。こういうこともあるので、イガイガには注意が必要です!


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・Instagram:http://instagram.com/kuroshibasaki

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/


No comments:

Post a Comment