Friday, December 26, 2014

ケンネル滞在

現在2歳半の幸希は、過去に数回ケンネル(=ペットホテル)に滞在したことがあります。しかし、その期間は数日が最長でした。今回、私の日本行きのために幸希をケンネルに預けなければならなかったのですが、日数が十日以上になるので、かなり懸念していました。幸希にとっては、初めての長期に渡る滞在であるためです。

幸希:初めての経験だったの。


幸は、生後半年ぐらいの時に二週間以上のケンネル滞在を経験しました。この時も、私が用事で日本に行かなければならなかったためですが、その時の経験がとてもポジティブなものだったため、幸はそのケンネルに行くのを楽しみにしているほどでした。

幸希の過去のケンネル滞在も、色々な犬と遊べてかなり楽しかったらしく、その点ではあまり心配していませんでした。しかし、前回夏のケンネル滞在でケンネルコフをもらってきてしまい、そのような伝染性がある病気の方が気になっていました。

幸希:また変な所で寝ている、と言われた。


このケンネルは、各犬に個室が与えられているのですが、一日に何度か「プレイタイム」があり、他の犬と仲良くできる犬はこのプレイタイムで思いっきり遊ぶことになっています。滞在している犬は日々変わりますし、どんな犬がどんな病原菌を持って来ているか分かりません。狂犬病、ボルデテラ、ジィステンパーなどのワクチン接種を受けた証明書を提出しないと滞在できないのですが、前回の例(ボルデテラをしてから一か月後ぐらいのステイだったのに、ケンネルコフをもらってきてしまった)から分かるように、これだけ犬が集まる所にいると、何が起こるか分かりません。


幸希を引き取りに行った時に、まずは幸希が元気そうなことに安心しました。滞在中の様子を訊いてみると、ブラックラブとバーニーズ・マウンテンドッグととても仲良くしていたとのこと。幸希は、自分がそのぐらいのサイズの犬だと思っているのかもしれません。一頭、小さい犬とは相性がよくなかった、との報告もありました。 幸希が他の犬を嫌う場面に遭遇したことがないので、幸希が嫌いだったというよりは、相手から嫌われた可能性が高そうです。犬だって好き嫌いがあるでしょうから、仕方がありません。


さて、今回のケンネル滞在ですが、帰って来た直後の幸希はやはり疲れているようでした。家に戻って安心したのか、よく寝ていました。


そして、気が付いたことが二つ。一つは、何だか頻繁にくしゃみをしていること。咳はしていないのでケンネルコフではないようですが、ちょっと様子を見て、改善しないようであれば獣医の所に連れて行かなければなりません。


 第二点目は、太ったこと。幸希は、一日に二度食事をしているので、滞在中に必要なフードを一食ずつ小分けにして持参しました。ですから、余計なものを食べていたわけではないのですが、絶対運動量が少なかったようです。普段も、散歩の時以外、遊んでいる以外はほぼ寝ているわけですが、一日三回散歩に行くので、その時に結構カロリーを消費しているようです。ケンネルでは、一日数度他の犬と遊ぶ機会があっても、散歩に連れて行ってもらうわけではないので、カロリー摂取と消費のバランスがよくなかったようです。これは、将来またケンネルに預けることがあれば、気をつけなければならない点です。


今はまた、一日三回の散歩になっていますが、これ以上運動でカロリー消費することはできないので、一日分のフードの量を少し減らしています。今は冬なので、少しぽっちゃりしている方が寒くなくていいのかもしれませんが、体重が重いために足腰にかかる負担を考慮すると、若い犬でもオーバーウエイトはよくありませんからね。

初めての長期に渡るケンネル・ステイ。 幸はケンネル滞在後太って帰って来ることはなかったのですが、幸希の場合はちょっと気をつけなければならないようです。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shibainusaki 

・Instagram:http://instagram.com/kuroshibasaki

・おもちゃレビュー:http://shibainusaki.blogspot.com/

No comments:

Post a Comment