Sunday, March 15, 2015

Oral Surgery (5)

術後の幸希の様子ですが、その日(翌日の夜中)は午前三時頃に幸希が鳴いている声が聞こえたので、階下にチェックしに行きました。痛みのためだったら、これ以上鎮痛剤を与えるわけにはいかないので困ったな、と思っていたのですが、私が降りて行くと静かになったので、痛くて鳴いているわけではないことが判明。痛みでなければ他の可能性としてはトイレですが、それほど切羽詰っているようにも見えません。手術中点滴で水分を補っていたので、いつもよりもトイレに行きたいのかとも思いましたが、本当に行きたかったらもっと騒ぐはずなので、これも違うかと。

それで、私はベッドに戻ったのですが、その頃から度々幸希の叫び声が聞こえてきて、結局その後三時間ぐらいそのような状態で、私は全く眠れませんでした。

私が一つ忘れていたのは、麻酔をしたり強い鎮痛剤を入れたりすると、お腹の具合が悪くなることがあるということ。朝、クレートから出た幸希は外に行きたがり、連れて行ってみると案の定下痢でした。その後も何度か外に行き、その度に水様便が出ていました。

それも、手術翌日の午前中でおさまり、その日はそれから排便はありませんでしたが、その次の日(金曜日)からは普通のお仕事に戻っていました。

食欲は、相変わらず正常。縫合した部分を傷つけたり糸が解けたりすると困るので、今は硬いものは一切禁止で、いつものドライフードをふやかしたものを与えています。同じ量でもふやかすと水を吸ってかなりの量になり、幸希は時間をかけてそれを食べているので、消化には負担がかからないはず。

痛め止めと抗生剤は、グリニーズのピルポケットを使って与えていますが、これは幸希が大好きなものなので、おやつだと思って食べているようです。

これは、手術翌日の写真ですが、やはり顔が腫れています。


この赤い丸の部分ですが、ぷくっとなっているのが分かるでしょうか。


そして、毛剃りされた所も痛々しい。


前脚の部分は、留置針のためだと言われたのですが、なぜ二箇所も?右側は、針が刺さっていた部分が赤く点になっていたのですが、左側は幸希が動いたか何かで、毛剃りに失敗したのでしょうか。


幸希は、特に右脚の毛を剃られた部分が気になるらしく、しばらくずっと舐めていたのですが、皮膚には影響が出ることなく、今は落ち着いています。必要な部分だけ綺麗に剃られている感じ。


結局、両前脚、両後脚の付け根、右前足の付け根(脇の下に当たる部分)が剃られていたのですが、そんなに色々モニターが取り付けられていたのでしょうかねぇ。来週フォローアップの予約があるので、その時に訊いてみます。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

【幸希のFacebookページ】https://www.facebook.com/shibainusaki
毎日新しい幸希の写真を載せています。アカウントがない方も、気軽に立ち寄って下さい!

【幸希のYouTubeチャンネル】http://www.youtube.com/user/shibainusaki 
不定期ですが、幸希の動画を更新しています。チャンネル登録を是非よろしくお願いいたします。

【幸希のInstagram】http://instagram.com/kuroshibasaki
ランダムな写真を載せています。

【幸希のおもちゃレビュー】http://shibainusaki.blogspot.com/
YouTube動画と合わせてご覧下さい。

No comments:

Post a Comment